« 厚揚げともやしのカレー炒め弁当 | トップページ | ホウレン草の炒めもの弁当 »

里芋もち弁当

里芋って電子レンジでチンするとペロっと皮がむけるんですね。
先日買った<和のおかず>という料理本に紹介されていて
そのうち作ってみようと思ってました。

まずは里芋を良く洗って皮ごとレンジで10分チンする。
アツアツのまま皮を手でむき、
ギュッと両手に挟んでつぶして片栗粉をまぶす。
ゴマ油を引いたフライパンで両面を焼き
軽く焦げ目がついたら砂糖、しょうゆ、水を入れて
しょうゆ団子状になるようにさっと煮る。

特に片栗粉を追加しなくても
里芋についてる片栗粉が溶けて
ちょうどいい感じにトロトロになりますよ。

食べた感じはモチというより
レンコンの天ぷらを甘辛く煮た感じ?

簡単だし、なんだか作ってておもしろい。

ほかはマカロニサラダ、ローストビーフ、もやしのナムル、トマト。
ご飯はカリカリ梅とジャコまぶしです。

Img_1703

|

« 厚揚げともやしのカレー炒め弁当 | トップページ | ホウレン草の炒めもの弁当 »

お弁当」カテゴリの記事

コメント

すごいいつも美味しそうだ~~~

里芋の皮むきが苦手で食べたくても敬遠していたから
そんなに簡単ならやってみようかしら??

それにしても美味しそう・・・・。

投稿: あさみ | 2008年2月 7日 (木) 10時12分

ありがとう!
最近ちょっとマンネリ化しちゃってるけどね。

里芋は電子レンジでチンすると
水分が出てちょっと実が縮んじゃうのね。
だから皮がペロリとむけるんだと思う。
煮物には向かないけど焼くときは便利よ。
ぜひやってみてね~

投稿: 手芸番長 | 2008年2月 7日 (木) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厚揚げともやしのカレー炒め弁当 | トップページ | ホウレン草の炒めもの弁当 »