赤ずきんちゃんみたいなカーディガン

我ながらよくがんばりました。
2週間という最短記録で完成!
姪っ子の2歳の誕生日プレゼントに編んだ
<赤ずきんちゃんみたいなカーディガン>。

Img_3343_3

ま、フードはついていないのですが
なんとなくイメージがそんな感じだったので。

元ネタはこちら。
この中の<サックコート>という作品です。

オーガニックコットンでつくるベビーウェア オーガニックコットンでつくるベビーウェア

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

毛糸はアクリルとウールの混紡で
軽くてふんわり、手洗いもラクラクなこの糸。
サンキで1玉198円でした。
実際の使用量は4玉。

Img_3348

姪っ子に渡したらニッコニコで着てくれましたが
早速ボタンを引っぱって1個もげました。

Img_3346_4

| | コメント (0)

手編みの鍋敷き

引っ越ししてからずーっと鍋敷きがなくて
いつも雑誌などで代用してましたが
いよいよ鍋の季節到来。

ちゃんとした鍋敷きがほしいな、と。
ありがちな100円ショップっぽいものは
どうもかわいくないので
自分で作っちゃいました。

アクリルたわしと同じ原理ですが
鍋敷き用に厚みがでるような編み方です。

赤は炎のイメージですが、なんとなく
カラーリングがイマイチだったかな。

また作ってみまーす。

Photo

Photo_2





| | コメント (2)

アクリルたわし

アクリルたわしって知ってますか?

アクリル100%の毛糸で編んだもので
食器洗い用のスポンジと同じく使えます。

これから寒くなると手が荒れてしまうので
なるべく洗剤を使いたくないなぁと思って作ってみました。

このたわしのいいところはちょっとした油汚れくらいなら
洗剤がなくてもお湯だけで洗えるところ。

さらに、マグカップの茶渋やお鍋の焦げなども
何度かこするとキレイに落ちるのがうれしい!

かぎ針で細編みや長編みなどを適当に組み合わせて
使いやすい大きさになるまで編み進めばOK。

簡単なのでどんどん作れるよ。

Photo

| | コメント (0)

バブーシュ

春先に相方が職場で履く室内履きを探していたのだけど、
いざ買おうと思うとなかなかピンとくるものがない。

いろいろ見ていたら、モロッコのスリッパ<バブーシュ>が
かわいいんじゃないかということに。

でもいいやつは結構いい値段するのですね。
これだったら靴が買えちゃうねって思うと手が出ません。

そこで、手芸番長登場です。

表は素材感とカラフルな色がかわいいアジア系の布。
床にふれる面は豚革にしてすべり防止です。
底部分には靴の中敷のようなものを入れてしっかりと、
上側はキルト芯を入れてふわふわに。

今度は冬用にボアとかで作ってみようかな。

Photo_3
Photo_2

| | コメント (0)

お箸袋

お弁当用のお箸袋を作りました。
もちろんマイ箸派の人にもOKですよ。

25cm×25cmの布2枚を用意して
角の1ヵ所にひも(これは皮ひも)をはさんで中表で縫い合わせます。
裏返して、周りをぐるりと1周ステッチ。

両端を折って、箸を入れるところを残して縫いとめて
巻いたひもを引っ掛けて留めるためのボタンをつければできあがり。

簡単だけど素朴な風合いがやさしい雰囲気です。
内側の布が骸骨柄なのがポイント!

Photo_12



Photo

| | コメント (1)

只今、裂織中

裂織はサキオリと読みます。

古着などの役を終えた布を裂いて緯糸(ヨコイト)にし、
綿糸や麻糸などを経糸(タテイト)として織ったもので、
江戸時代中期以降から続く歴史ある日本のリサイクル素材。

アウトドアメーカーのコロンビアが裂織の靴を出していて、
特設サイトを見ていたら、あんまりにもかわいいので
自分でも作ってみたくなりました。

こんなふうに糸をはって、織っていきます。

Img_2413





 


近くから見るとこんな感じ。
元の布の柄が分断されるので色と柄のでかたがおもしろい。

Img_2419

使っているのはずっと前に友だちからもらった
ドイツの子ども用手織り機。
いいものもらいました。ありがとう。

Img_2421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極彩色のカーテン

リビングのカーテンはベージュ。
リネンや木、柳のバスケットなど
天然素材がやっぱり落ち着くよねってことで
なんとなくナチュラルカラーでまとめられてるのですが
どこもかしこも白っぽい空間ばかりだと
ときどき気持ち悪くなる。

ということで、作業部屋は極彩色。
ベトナムでひと目惚れして買ってきた布をカーテンにしました。

Img_2410_2

牡丹と鳳凰でしょうか。
赤い地にキッチュな絵柄がたまりません。

Img_2411


プリーツテープを使って作ればとっても簡単。
1時間で完成しちゃいますよ。

材料はサンキで調達。
・プリーツテープ:5cm幅 89円/1m
・三足フック:10本入り310円

Img_2408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だって手触りがいいんだもん

半年くらい先まで予定が決まっている仕事柄
新しい年のスケジュール帳は毎年10月に買います。

一目惚れして以来、3年間連続愛用していた
MARK's Inkのスケジュール帳はさすがに飽きちゃった。
と言うのも、カバーの色とカレンダーのバランスがすごくかっこよかったのに
毎年マイナーチェンジして、なんだか中途半端な感じになってきたのよね。

で今回はたまたま立ち寄った東京の渋谷パルコの地下で
DELFONICSのショップを見つけて
あ、やっぱりいいなぁ、この感じって
それまで4,5年間使っていたDELFONICSが返り咲き。

ホントは今年こそMOLESKINEかと思ったんだけどね。
限定版の赤がかわいくてかなり悩んだけど
やっぱり見開きで1カ月見れないとダメなんだ。

ということで、早速買ってきたレフィルに
以前使ってたDELFONICSのレザーのカバーをつけてみた。

ん? なんだかしっくりこない。

質感がね、なんだか安っぽいのですよ。ペナペナしてて。

そしたらもう作るしかないですよ。
久々に手芸魂がメラメラ燃えました。
思いついてから完成まで約1時間。

前に買っておいた皮革コレクションの中から
今の気分にぴったりくる赤のレザーをチョイス。

ミシンでガー縫っちゃえば早いと思ったけど
すぐに糸が切れてしまって断念。
とりあえず穴だけミシンでプチプチと開けて
そこをひと針ひと針並み縫いします。

おお!
しっとりとした質感とゆるい感じがグッドです。

Img_1185_2

Img_1182

| | コメント (0)

松ぼっくりみたいなクロッシェ

松あみという編み方みたいですが
ほんとに松ぼっくりの<松笠>に見えます。
おもしろーい。

これは日除け効果のためにクロッシェにしましたが
かぶり口をキュッと縮めたらもっと松ぼっくりになるかも。

秋になったらウールの毛糸で編んでみようっと。
きっとモコモコしてもっとかわいいよ。

Img_0614_2












▼ふちはちょっとだけヒラヒラしてます。

Img_0612









▼この本の<松あみの帽子>を参考にしました。

手あみの夏の帽子―爽やか&かわいい手あみの帽子で快適な夏を過ごしましょ

販売元:ブティック社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ふにゃふにゃクロッシェ

以前、ニットキャップにハマっていっぱい作ったのですが
夏はやっぱりツバがついてないと・・・日よけにならん。

だけど、脱いだときに髪の毛がぺっちゃんこなのも困る。
さらに、くるくるって丸めてカバンにポイしても
次にかぶるとき型くずれが気にならない
そんな帽子が欲しいなぁと思って作りました。

▼コーディネイトしやすい白と黒の2色。

Img_0583_2









▼四葉のクローバーのような模様がグルグル1周してます。
Img_0585









糸は近所のサンキで値下がりしていた
ハンズ・プロダクツの<ハーブコットンEX>を使用。
コットン100%で1玉150円。

使用針:5/0号
使用量:30g×4玉

▼この中のクローバー模様の帽子を参考にしました。

オーガニックコットンで編むかわいい小もの オーガニックコットンで編むかわいい小もの

販売元:雄鶏社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

より以前の記事一覧