トラヤカフェ

東京に行ったときに寄ってきました TORAYA CAFE
和菓子の老舗が作ったカフェということで
機会があったら行ってみたかったのです。

六本木ヒルズや表参道ヒルズの中にあるので
今どきのおしゃれなカフェなのかなーと思っていましたが
そこは老舗の作るカフェですから
そこここにこだわりが感じられて居心地がよかったです。

和の素材、和紙や木を使ったインテリアも
洗練されたデザインで落ち着けるし
使われているトレイやカップ&ソーサーも
当たりの柔らかないいものばかり。

そして和菓子の繊細な味を壊さないように
洋菓子の発想で作り上げたお菓子が
なんとも言えず楽しかった。

飲み物もすべてお菓子に合わせてセレクトされているので
躊躇せずにオススメのものを選んで正解。

それにしても、いいお値段するなぁ。
ま、たまになのでね。

・和栗のパフェ 1,260円
・オータムブレンドコーヒー 630円

Photo_6

| | コメント (0)

焼肉マルモ

西厩島町の<リストランテささき>に行くたびにずっと気になっていました。
すぐ近くの秣川岸通にある<マルモ焼肉店>。

カウンターが5席くらいと座敷が4テーブルくらいの
こじんまりとした焼肉屋さん。
地元の人たちで賑わってる感じでした。

お店の人の言葉のなまりからおそらく韓国系。
いや、メニューからして韓国系だな。
キムチとか種類いっぱいあったし。

初めて聞いたのが<イカフェ>というイカの刺身。
なんだかおしゃれな響きですよね。
どんなカフェだよ、って感じで。

さてさて、お肉はカルビ、ロースが1,000円。
ホルモンなどは450円といった感じでとっても庶民的。

キムチやスープ、定食メニューも何種類かあって
いろいろ楽しめそうですよ。

この日はカルビ、ロース、鶏モモ、ジンギスカン、ホルモン、
オイキムチ ビビンバ、青南蛮などをいただきました。

住所:新潟県新潟市中央区秣川岸通1丁目2303
電話:025-223-0110
Photo_10

 

| | コメント (2)

伊勢丹のジェラート屋さん

新潟で2番目に好きなジェラートは
伊勢丹の地下にあるお店のです。

最初にジェラートっておいしいって思ったのが
ここで食べたイチゴミルク味のものだったのです。

で、その時の感動が忘れられなくて
ついついイチゴミルクを頼んでしまうのですが
今日は新作に挑戦してみました。

だって平日限定って書いてあるんだもん。

茶色のが塩キャラメルで緑のがシソです。
Img_2155_2

塩は村上産。
キャラメルの香ばしさと甘さにしょっぱさが効いていて
苦い、甘い、しょっぱい、甘い、苦い、甘い、しょっぱい・・・
どんどん食べれちゃいそうです。

さらに相方のシソがまたいいのです。
ミルクベースにシソをみじん切りにしていれているのですが
シソの独特の爽やかさとミルクのまろやかさが
不思議にマッチしていて、こちらも
まったり、さっぱり、まったり・・・と
ずーっと食べ続けてしまいそうです。

| | コメント (0)

<カーブ・ドッチ鳥屋野店>にて

最近いろいろな家具やさんを物色中ですが
欲しいなって思うものがあるのはやっぱりSHSですね。
今回も結構気に入ったものがあったのですが
予算をオーバーしているので検討中。

ま、とりあえず併設しているカーブ・ドッチでランチ。
天井が高く、一面ガラス張りでとっても明るく気持ちのいい雰囲気。
案内されたテーブルに着くと、「あ、このテーブルが欲しいな」
と思わせるようないい感じのインテリアもさすがです。

お料理はパスタからコースまで幅広くあって
すべて自家製天然酵母のパンがお変わり自由です。
このパンがもう、おいしくってパクパクいっちゃいます。
ハーブとコショウのパン、バゲット、クルミとレーズンのパン・・・
もう、帰りに売店で買わずにいられませんよ。

▼アミューズ ジャガイモとツナのサラダ
Img_1995_3

▼春キャベツとシーフードのクリームソースゆずコショウ風味
Img_2003


▼鶏肉のはちみつローストとかぼちゃのニョッキ ゴルゴンゾーラソース
Img_2000

| | コメント (0)

<モン・ドール>にて

東堀沿いのフランス料理店<モン・ドール>でのお食事会。
ここは店名にも田舎料理とついているように
ボリュームもあって料金もとってもリーズナブル。
居酒屋で飲んで食べての予算でいけちゃいます。

料理はプリフィックスのコースで3,200円と4,000円の2種。
だいたいいつも選ぶのは3,200円のほう。
前菜かスープ、魚か肉料理、パン、デザート、飲み物を
いくつかあるメニューから好きなものを選びます。
サーロインステーキやフォワグラなども
追加料金でチョイス可能。

ほかにいろいろなチーズが1カットからオーダーできます。

ワインはボトルで2,800円から赤、白、スパークリング各種あり、
フランスものにこだわらず世界のワインを取り揃えてます。

ランチ営業もしているのでぜひ一度お試しあれ。

▼マグロとアボカドのテリーヌ、アンチョビのムース添え
Img_1977_2

▼牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
Img_1979

▼クリームブリュレ、イチゴのシャーベットのせ
Img_1989

| | コメント (0)

またのりでランチ

駅南のビストロ・ド・またのりはランチ使いにも最適。
夜メニューにはない日替わりランチは特にオススメ!

ほかには本日のパスタランチ、夜メニューにもある
牛タンシチュー、オムライス、渡りガニのスパゲティが
ランチ仕様になってお得に食べられます。

さて、本日のランチメニューは
ドミグラスソースのロールキャベツ!
前に私も作ったことがあるのですが
普通のコンソメ味のロールキャベツが苦手でも
これなら絶対いけるので、お試しあれ。

色はドミグラスソースだけど濃度はさらさらしてて
どちらかというとトマトの酸味が際立ってます。

でもって、でかい!
出てきたときはその大きさにびっくりしたー。
それでもペロリと食べられたのは
キャベツが多めに巻き巻きされてたから。

タコのマリネとビーツのサラダ、ライスorパン、
抹茶のココナッツプリン、飲み物がついて1,000円。
Img_1968


Img_1972

| | コメント (0)

日を開けずに<アンフォラ>にて

先日のアンフォラがあんまりにもおいしかったので
職場の人とのお食事会もここにしちゃいました。

前回はめずらしい食材と料理、豊富なワインリストに
1時間くらい格闘していたのですが、
そんなにメニューの入れ替えがなかったのと
少しは慣れてきたのととで、まーまースムーズにチョイス。

と、いってもまた同じもの選んじゃいましたよ!

だって、すっごくおいしかったから
まだ味わったことのない人にも食べてもらいたくて。
もちろん、もう一度食べたいって思ったしね。

そんなこんなで今回食べたもの紹介!

▼冷たい前菜
ハム、サラミ、プロシュートの盛り合わせ
Img_1932

▼温かい前菜
ホワイトアスパラのポーチドエッグとパリパリチーズのせ
Img_1934

▼パスタ
天使エビのトマトクリームスパゲティ
Img_1942

▼肉料理
牛ホホ肉の煮込み
Img_1948

▼デザート3品盛り合わせ
ティラミス、バナナプディング、カルヴァドスのジェラート
Img_1951

このほかワイン1本とビール2本などを飲んで
4人で16,000円くらい。

| | コメント (0)

<アンフォラ>にて

ずっと気になってたイタリア料理のお店<アンフォラ>。
柾谷小路と西堀の交差点から1本入った人通りの少ない
路地に面した寄居町にあります。
緑色の看板に魚の絵が書いてあります。

店内はレンガやプレート、レリーフが飾られ
どこか旅先で入ったお店のようなムード。
本格イタリアンらしくメニューには
聞いたことのない野菜や調理名が並ぶけれど
親密な雰囲気にあふれてて居心地は悪くない。

まずは飲み物を。
ワインリストから赤ワインをセレクト。
2千円代からあるので予算に応じてどうぞ。

そして、迷いに迷ったアラカルトのメニュー。
だって、どれも食べたことのないようなものばっかりで
あれこれ目移りしてしまうのです。

散々迷って選んだのは
冷たい前菜から<カジキ鮪の燻製メロンとカッテージチーズ>
Img_1774


温かい前菜から<イタリア冬野菜(たぶんラデッテキオ・トルビーゾ)
ゴルゴンゾーラのグラタンチーズパイと生ハム>
Img_1778


パスタ料理で<ツブ貝、ホッキ貝、ホタテ貝のスパゲッティ>。
Img_1781


どれもこれもすごくおいしくって大満足!
1皿がだいたい1600円くらいですが
量は多めなので二人で取り分けて食べるのが良いです。

「とりわけにくいので・・・」とグラタンをちゃんと
2皿に分けてサーブしてくれるあたり
かなり気が利いています!

ほかに席料として一人400円。
冷たくてもモチモチしててとってもおいしい
自家製(たぶん)パンがつきます。

Img_1775

予算は二人で1万円くらいから。
もちろんパスタだけでもOKです。
日曜日は18:00~21:30の営業。
予約なしの飛び込みでも大丈夫。
ただし、19:00ころから混み出してきて
何組かお断りしていたので予約したほうがいいかも。

| | コメント (0)

日本料理大橋屋 新館「本町茶寮」にて

年に3回ある職場の宴会。
80人規模で使える会場となるとどうしてもホテルになりがち。
結構いいお金を使っても(もちろん自腹)
どこもたいしておいしくないし雰囲気もイマイチ。

ですが!

今回の会場は幹事さんのがんばりで
日本料理の大橋屋さんでした!

もう、行く前からボルテージ上がりまくり。
何を着ていくか、散々迷ったあげく
結局はスーツにしてしまいました。
と、言うのも会場が<本館>との前情報があったからです。

なのに!

会場は<新館>に変更になっていたのでした。
残念・・・

でも、とってもキレイで広々とした新館も素敵でしたよ。
畳敷きの座敷なのにテーブルとイス、
さらには床暖房になっていることに感動!

料理は新年会らしく彩りも鮮やかな先付けからはじまり
次から次へと運ばれてくるおいしい日本料理の数々に
知らず知らずにお酒も進みます。

日本酒は<麒麟山>の冷と<鶴齢>の燗。
瓶ビールは苦手なアサヒスーパードライだったので
乾杯以外はずーっと日本酒。

4~5合くらい飲んじゃいましたよ。
あはははは。

さて以下は素敵なお料理をご紹介。

・氷頭なます
Img_1664

・黒豆
Img_1665

・生麩、こんにゃく、レンコンと小豆のいとこに、くわいの先付け
Img_1667

・たけのことワカメのお吸い物
Img_1669

・ニシンの焼づけ
Img_1682

・ゴマ豆腐(絶品!)
Img_1676

・帆立しんじょ
Img_1679

・鮭の大根巻き煮
Img_1684

・イチゴと小豆寒
Img_1688

| | コメント (0)

ホッとする味<しののめ>にて

年末の京都旅行で和食三昧だったはずなのに
やっぱりここの味にはホッとさせられます。
<しののめ西堀店>です。

家庭の味をちょっと洗練させた感じなのがいいのかな。
そして全国各地の日本酒を取り揃えているのが魅力。
最近、銘柄の入れ替えがあって
飲み比べをする楽しみが増えました。

宮城の伯楽星、高知の美丈夫、長野の真澄
福井の黒龍、愛知の醸し人九平次 などなど

この日は埼玉の神亀も入っているとのことで1杯いただきました。

それにしてもお酒にあうおつまみが多くて
気がつけば生ビール2杯に日本酒4杯いっちゃってました。

日本酒は150ccのグラスででてきます。
お値段は450~600円くらい。

今回はいつもと違うメニューに挑戦しよう!
といって頼んだのがこの3つ。

▼えびしんじょうのレンコンはさみ揚げ(抹茶塩で)
Img_1608

▼砂肝焼き(ネギの甘さが際立ちます)
Img_1602

▼揚げ出し豆腐(ひと口サイズの豆腐は衣がもっちもち!)
Img_1629_2


あとは結局定番メニュー。
▼ハマチのお刺身(ブリブリしてました)
Img_1599

▼う巻きたまご(うまーい。ほっぺた落ちそう)
Img_1625

▼タコぶつ(練り梅にネギ、かいわれとごま油)
Img_1609

▼豆腐とジャコのサラダ(ボリューム満点)
Img_1604

二人でこれだけ飲んで食べて10,000円いきません。
リーズナブルなところもグッドです!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧